性に目覚めた妹とそれを心配する変態兄 愛内るい

性に目覚めた妹とそれを心配する変態兄

「行ってきます~」と出かけようとするミニスカ姿の愛内るいちゃん。すると「また出かけるのか?ダメだ。」とるいの足を止める声が。「ちょっとそこへ座りなさい。」と言われ「わかったよ。」とソファーに座るるい。「毎日、毎日よく遊びに行くな?お父さんもお母さんも心配してるよ。」と若い娘の行動が心配でならないという。「別に毎日じゃないよ。一日おきぐらいだよ。」と答えるるいに「なに口答えしてるんだ?お兄ちゃんに。本当に心配してるんだぞ?」と妹を窘めようとする。悪いことでもしてるんじゃないかと妹を心配する兄。「大丈夫だよ。」と安心させようとするるい。「とにかく今日はダメだ。」と外出禁止を命じる兄。「そんなに短いスカートを穿いて下着が見えちゃうんじゃないか?」とるいのミニスカも心配する兄。「ちょっと足を組み替えてみろ。」とるいに促すと「ほら、パンティが見えるじゃないか?」と下着が丸見えになっていると指摘する兄。「今日はピンクか?」とパンティの色を確認する兄。さらに「その服もダメだ。ブラジャーが見えそうだぞ?ちょっと脱いでみろ。」と兄が細かく服装チェックをするという。渋々キャミソールを脱いでブラジャー姿になるるい。「下のスカートも脱いで。」となぜか後ろ向きにさせてミニスカを脱がせる兄。スルリとミニスカを脱ぐとTバックパンティが。「よくそんな下着を着けてるな?」と妹のあられもない姿に怒りとともに興奮を覚えてしまう兄。「そんないかがわしいのはダメだぞ?彼氏とはもうヤったのか?」と直球の質問をする兄。「・・・した」と正直に答える妹のるい。がっかりする兄は「何人知ってるんだ?」とさらに追求すると「5人」とすでに経験も豊富な妹。しかも夜な夜な妹の部屋から喘ぎ声が聞こえるのは何だ?とオナニーしていることを咎める兄。「ちょっとお兄ちゃんに見せてみろ。」兄は妹に生オナニーを要求する・・・。年頃の妹を持つ変態気味の兄と性に目覚めた妹の物語。妹のオナニーを見て興奮した兄はオナニーを手伝うといいながら妹のオマンコを弄り出す。さらに手コキやフェラチオを求めるという変態ぶり。主観ハメ撮り風に臨場感たっぷりとシチュエーションを楽しめる。妹系好き、主観好きにお薦めする作品。