巨乳痴女に責められたい 南えり

巨乳痴女に責められたい

パックリとスリットが入った色っぽいドレス姿の南えりちゃん。太股が覗き何とも悩ましい。「どんあパンティ穿いてるの?」と男が聞くとスルリとスリットを広げてパンティを見せてくれる。「もっと足を広げて。」男がリクエストすると大きく足を広げてくれるえり。ストッキングの下にはレースの白いパンティが股間に食い込んでいる。「シミが付いてよ?」と指摘されると「気持ちいいから~」とこれからを妄想してすでに濡れちゃったという。「今日は、ここにいる男を責めちゃっていいですよ。」と横たわる男を紹介される。目隠しをされ拘束されている男はこれから何をされるのか知らない。「攻めちゃっていいの?」えりは嬉しそうに男に触れ始める。えりのフェザータッチに男はカラダをビクビクと震わせながら感じてしまう。「あ~、あ~、あ~くすぐったい~」えりの指は股間の膨らみに動く。「そこがいい~。そこが一番気持ちいい~」男が本気で感じていると「すごい~。ビンビン。」と股間がパンパンに膨れあがっている。えりは指先で股間を触りながら男の首筋をリップ責め。「あ~、あ~、あ~、すごい~。ゾクゾクする~。気持ちいい~」男は堪らず声を上げてしまう・・・。巨乳痴女がM男君をじっくりと攻めていく物語。攻められたいM男君には、こんな痴女に攻められたいと思うくらい堪らない内容。痴女好きにお薦めする作品。

巨乳痴女に責められたい 2 南えり

巨乳痴女に責められたい 2

「自分から男を誘うこと?ありますよ。」とエロい網タイツを穿き脚を組む痴女系美女の南えりちゃん。「そりゃもう、私の中では基本。」とヤリたくなったら男を誘うが浮気はしないという。「ジワジワと気づいたら、そうなっちゃてるみたいな・・・」と攻めるのが得意だし攻め好きだというえり。「男の様子を見ながら、顔を見ながら、攻め時を逃さないというか・・・」と人によって攻め方は違うというえり。「色っぽく、足をM字に開いてオマンコって言ってみて。」というリクエストに「それは恥ずかしいな~」と照れるえりだが、足をM字に開いて「オマンコ、オマンコ、オマンコ」と色っぽく言ってくれた。そこへ男がえりの乳首を攻め出すがあっという間にえりに攻め返されてしまう。「あ、勃ってる。」と股間を触るとすでに勃起している男の股間を「早くみたい、触りたい~」と男のズボンを一気に脱がせてしまう・・・。桐○M玲似の美女が痴女責めで気持ちよくしてくれる物語。はち切れんばかりにチンポを勃起させて興奮する男。そのチンポを嬉しそうにしごきしゃぶる痴女。男なら一度はこんな痴女に責められたい、そんな願望を叶えてくれる作品。

もしもこんな巨乳痴女ナースがいたら・・・ 南えり

もしもこんな巨乳痴女ナースがいたら・・・

「先生、今日は全然患者さんが来ないんです。」と心配するピンクのミニスカナース服姿の南えりちゃん。「そうか~、来ないか~」と悩む医者に「どうしましょうかね?これじゃ、やっていけないですよ。」と病院の将来を考えてしまうえり。「今日はこのまま待ってても患者さんは来なさそうだしね。いつもは夜やっていることを昼間からヤってしまおうかな?」とローターを取り出す。「何ですか?それ?」と疑問のえりに「これかい?わかってるだろう?これで、これでね君の乳首に当てて遊んだりするんだよ。」とえりに手渡す。すると「これを?こう?」と医者の乳首に押し当ててしまう。「本当はこうされたいんでしょう?」と痴女責めし始めるえり。「あ~、気持ちいい~。僕のおちんちん勃ってきちゃったよ~」とM男が判明した医者。えりはローターを股間にグリグリと押しつけていく。「あ~、すごい~。」パンパンに膨れあがる股間をさらに攻めていく。乳首をこねくり回すと「痛気持ちいい~」とドMの反応を見せる医者。えりはズボンを下ろすと「ここ?」とパンツの上からローターを押しつけていく。さらにパンツの隙間から「直接・・・」とローターを直接チンポに押し当てていく・・・。痴女ナースがドM医者を責める物語。もしもこんな巨乳痴女ナースがいたら、そんな男の願望を叶えてくれる作品。痴女好き、M男くん、巨乳好き、コスプレ好きにお薦め。