男の部屋でオナニーしてたら男が帰ってきちゃった・・・ 佐伯もも

男の部屋でオナニーしてたら男が帰ってきちゃった・・・

「どうぞ、入って。」男の部屋に招き入れられる佐伯ももちゃん。「お邪魔します~。へぇ~、こうなってるんだ~。」と男の部屋にワクワクしている様子。「まあ、座って。」とソファーに促される。二人は食事を終えて男の部屋に招かれた。「何か飲む?買ってくるよ。」と男はもものリクエストを買いに出かける。一人残された部屋で珍しそうに見回していると雑誌を見つける。おもむろに雑誌を開くと「へぇ~、こんなエッチな本読んでるんだ~」と内容に興味を持ってしまう。「こんなの読んでたら変な気分になってきちゃった・・・。」とおっぱいを揉み始める。さらにセーターをまくりおっぱいを露出すると雑誌のページをめくっていく。足を開いてパンティの上からオマンコを弄り出す。雑誌のエロい内容に興奮してしまいパンティの中に手を入れると直接オマンコを刺激していく。エッチな気持ちを止められなくなったももは自分の鞄からローターを取り出す。スイッチを入れ直接クリトリスを刺激すると激しい喘ぎ声を漏らし出す。「あ、あ、あ~~」パンティも脱ぎグリグリとオマンコを刺激し快感はさらに上昇していく。「あん、あん、あん~~~」顔を歪めながら快感を貪っていくもも。ローターをズブリとオマンコに挿入し激しくおっぱいを揉みしだいていく。オマンコから滑り落ちたローターを再びクリトリスに押し当てると「あ~、あ~、イク~~~!」と絶頂へ達してしまう。ももはオナニーに疲れ果ててそのまま余韻に浸っていると買い物を終えた男が帰ってきた。「どうしたの?そんな格好して!」男に大胆な姿を見られてしまったももはなんとごまかそうとするが・・・。初めて男の部屋を訪れた娘が大胆にもその場でオナニーして果ててしまう。そこを男に見られてしまい妄想が炸裂していく物語。妄想の中で娘は手マンチョでオマンコをグジョグジョにされズボズボと肉棒を突かれまくる。タプンタプンと巨乳を揺らしながら喘ぐ顔が何ともエロい。妄想エロ娘のエッチな肢体を存分にご堪能ください。

妄想ガール 佐伯もも

妄想ガール

涎を垂らしてボーッとしている佐伯ももちゃん。「ももちゃん、大丈夫?」男が心配するも「大丈夫、大丈夫」と我に返った様子。しかし、男を見ているとなぜか妄想が始まってしまうもも。一人、妄想の世界へ飛び込んでしまう・・・。「何?私の部屋じゃん。」気がつくとそこはももの部屋。セクシーなキャミソール姿でソファーに座っている。その横には男が全裸でチンポを扱いてビンビンに勃起させている。ももは男に気がつくと視線がビンビンになっている肉棒に釘付けになってしまう。「そんなに気になるなら舐めてごらんよ。」男の顔を伺うも「舐めたいんでしょ?このでかいチンポ。」と見透かされている様子。その言葉に背中を押されパクリとチンポにしゃぶりつく。ゆっくりとカリを口に含むと徐々に深く飲み込んでいく。「あ~、気持ちいい~。」ともものフェラチオに満足げな男。「チンポ堅い~。おいしい~」とこちらも満足げなもも。ジュボジュボとストロークを繰り返すもも。そのたびに男の喘ぎ声が漏れてくる。「あ~、すごい。気持ちいい~」と気持ちよさでますますチンポを堅くする男。「舌先でペロペロしてよ。」男にリクエストされチロチロとカリ先を刺激。興奮したももは足を開き股間に手を伸ばす。手コキを加えながら男を悦ばせていくもも。男はももの頭を押さえつけピストンを速めていく。すると「あ~、あ~、イキそう~。う~~!」とそのままももの口内にドピュドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。再び現実に戻ったもも。すると男が探していたという案内状を見つける。「あった、あった。来週乱交緒パーティがあるんだけど行く?」男の唐突な話に「乱交パーティ?乱交?乱交???」と頭が混乱し再び妄想モードに突入してしまう・・・。憧れの男の部屋で突然エッチな妄想を繰り広げてしまう物語。妄想の世界で男を気持ちよくさせ、自分も乱交パーティで気持ちよくしてもらう。巨乳をタプンタプン揺らしながら快感を貪っていく様は興奮モノ。妄想好き、乱交好きにお薦めする作品。

オナニー好きのエロ娘とハメ撮り 佐伯もも

オナニー好きのエロ娘とハメ撮り

夜の街を歩いている佐伯ももちゃん。待ち合わせ場所に到着すると男が待っていた。早速二人は歩き始める。とある居酒屋へ入るとまずは乾杯。今までの変わったエッチはどんなのと聞かれ「公園とか、カラオケとか、公衆トイレとか・・・」とどこででもヤッちゃった経験が。オナニーは「やる時は毎日とか。」とわりと好きな様子。「ローターじゃないとイケない。」というほど「ローターならイケる。」とオナニーの後は満足してそのまま寝ちゃうことが多いという。腹ごしらえした二人はラブホテルへ。すると男が「いきなりこんなの者があるんだけど・・・」とバイブを取り出した。「ちょっと舐めてみて。」とバイブを咥えさせると「そんなふうに舐めるんだ。」ともものフェラチオにイヤらしさを感じる男。「その口にキスしたいな。」とエロいフェラチオを見せるももに欲情する男。キスを交わすとエッチな気分になってしまうもも。男はももを横たわらせるとブラジャーずらして乳首舐め。「あ~~ん」すぐに反応してしまうもも。さらに足を開かせいきなりパンティをずらしてオマンコを露出。「恥ずかしい?」とももの羞恥心を煽るとクンニでグジョグジョに舐めていく。「あ~~、あ~~~」堪らず喘ぎ声が激しくなってしまうもも。「ブラジャー取って。」男のいうなりにブラジャーを取ると乳首を激しく舐めていく。「イヤラシいね。」オマンコがグショグショに濡れているのを見るとさらに手マンチョでグジョグジョにしていく。「あ~~、あ~~」愛液でビショビショになったオマンコにズブリとバイブを突き刺していく。「気持ちいいの?本物欲しい?」と言葉責め。男はカメラをももに持たせ「ちゃんと自分を撮ってて。」と喘ぎ顔を自撮りさせる。その間クンニでオマンコをさらにグシャグシャにしていく。「触ってごらん」ももの手を取り股間を触らせると男はパンツを脱ぎ膨れあがったチンポを握らせる。ももはそれをパクリと咥える・・・。オナニー好きのエロ巨乳娘とのハメ撮り物語。憚ることなく激しい喘ぎ声をあげ快感を貪っていく。とにかくヤラレ顔がイヤラシい娘の顔に大量にザーメンを発射しお掃除フェラまでしてもらう。肉棒でズボズボされた後もローターをクリトリスに押し当てイッてしまう淫乱ぶり。エロ娘好き、ハメ撮り好きにお薦めする作品。