美人若妻の誘惑 ~こんな風に痴女責めされたら・・・~ 寺尾祐理

美人若妻の誘惑 ~こんな風に痴女責めされたら・・・~

大胆な姿で悩殺ポーズを見せつけてくれる寺尾祐理ちゃん。とある旅館の一室。セクシーな下着姿で「緊張してる?」と男に声を掛けると「すごく・・・。」と緊張とともに早くも興奮している様子が見える。早速祐理の体に触ろうとすると「まだダメよ。」と男の手を払う。しかし「おいしそう。」と逆に男の体に跨がり乳首を刺激していく。「おお~、ちょ、ちょ、ちょっと・・・」祐理のフィンガーテクに敏感に反応してしまう男。「気持ちいい?」と男に聞くと「と、鳥肌が立つ・・・」と堪らない刺激が襲っている様子。「気持ちよくなりたい?」「う、うん・・・」男の息づかいが荒くなると「おちんちんいっぱい触っていい?」祐理の痴女責めに興奮を隠しきれない男。男の服を脱がせて横たわらせると「どこが気持ちいい?」とまずは首筋からリップ責め。「もっと出して。」男に舌を出させると濃厚に舌を絡ませていく祐理。「あ~、あ~」男が堪らず喘ぎ声を漏らすと「もっといっぱい舐めていい?」乳首をチロチロと舐めるとさらに男は興奮してしまう。「何か堅いモノが当たる・・・。何これ?」祐理の痴女責めに男の股間がパンパンに膨れあがり祐理の体にビクビクと当たるのをからかう祐理。「すごい~。パンパン、おちんちん。」膨れあがった股間を触りながら祐理も興奮していく。「堅い~。見たいな~。見ていい?」ズボンのチャックを下ろすと男のパンツが濡れていた。「何これ?おちんちんの先から何か出てるよ?」あまりの興奮に先走り液が男の股間を濡らしていた。「すごい~。感じやすいんだ?」祐理は焦らすように股間を舌で舐め回していく・・・。美人若妻が若い男を手玉に取るように痴女責めする物語。こんな美人妻にこんなふうに攻められたらどんなに気持ちいいか。そんな男の願望を叶えてくれる作品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。