超巨乳ナースにエッチな診察されちゃいました 桃子

超巨乳ナースにエッチな診察されちゃいました

「次の方どうぞ。」診察室で患者を呼ぶナースの桃子ちゃん。患者が入ってくると「どうしました?」と症状を聞く桃子。咳き込むのと関節が痛いというので流行りの風邪だろうと診察。「では上着を脱いでくれますか?」患者が上着を脱いで診察台に座ると「どのあたりかな?」と患者の背中を見ようと体を押しつける。「あ~、先生、おっぱいが当たってます~」と桃子の巨乳が患者に当たってしまう。しかし「大きいから気にしないで。」と意に介さない桃子。「ちょっと触りますね。触ったらわかるから。」と患者の下半身を触り始める。すると桃子の手が患者の股間を触り始めた。「先生、ちょっとそこは違います。」と股間を刺激され戸惑う患者。次第に興奮していくのを我慢できなってしまう。患者はふと桃子の胸に顔を近づけてしまう。「あら、自分から近づいてきたわね。」桃子も患者が興奮して我慢できなくなってきたことを見抜く。すると「誰もいないからいいわよね。」とナース服のボタンを外していく。「ぬ、脱いじゃうの?」焦ってますます興奮していく患者。「ではオッパイでお熱を計りましょうね。」ナース服をはだけるとポロリと巨乳があらわに。桃子は患者の顔を自らのオッパイに押しつけてしまう・・・。エロ痴女ナースが診察に訪れた患者を誘惑しエッチな診察をしてしまう物語。こんなナースがいたらという男にとって夢のような願望を叶えてくれる作品。ナース好き、巨乳好き、痴女好きにお薦め。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。