女子校生のエッチな悩み 高野まりえ

女子校生のエッチな悩み

川沿いを歩く制服姿の高野まりえちゃん。平凡な毎日に飽き飽きしているどこでもいる女子校生だ。母親を中学の時に亡くしてから少しずつ生活が変わってきたという。「ただいま~。」と自宅の玄関のドアを開けるが「と言っても誰もいるわけないか。」と孤独なまりえ。自分の部屋に入るとベッドに横たわる。「胸が苦しくなるよ。先生のことを想うとなんだか淋しくなるな。」ふと目を閉じると自然と手が股間に伸びてしまう。「は~、先生~~。」指をオマンコに擦りつけながらオナニーに耽るまりえ。おっぱいを揉みながら先生との情事を想像する。パンティを脱ぐと直接オマンコを弄り出す。「淋しいよ~」グチョグチョとエッチな音を漏らしながら先生への思いは募っていく。「先生~。」まりえはローターを手に取るとスイッチを入れ乳首に押し当てていく。「はあああ~」ビクンと震わせながら感じてしまう。あっという間に乳首は勃起し「堅くなってる・・・」と興奮が増していく。「我慢できないよ。」ローターをオマンコに押し当てると快感が一気に上昇していく。「気持ちいいよ~~」腰をグラインドさせながら大胆に感じてしまうまりえ。「あ~~、あ~~、あ~、あ~、あ~~~。」グリグリとローターを押しつけながら快感を貪っていくまりえ。「あ~、あ~、あ~、ダメ。イッちゃう~~~。あ~、あ、あ~~!」体をビクビクさせながら絶頂へ達してしまう・・・。日常に飽き飽きしながらも憧れの先生を想いオナニーに耽る女子校生。しかし、女子校生にはさらに秘密があった。母親を亡くした後、父との暮らしの中で繰り広げられる様々な葛藤、そして憧れの先生と家庭訪問でついに想いを告げることに。父、先生と繰り広げられる禁断の物語。ストーリーモノ好き、女子校生好き、ロリ好きにお薦めする作品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。