男の部屋でオナニーしてたら男が帰ってきちゃった・・・ 佐伯もも

男の部屋でオナニーしてたら男が帰ってきちゃった・・・

「どうぞ、入って。」男の部屋に招き入れられる佐伯ももちゃん。「お邪魔します~。へぇ~、こうなってるんだ~。」と男の部屋にワクワクしている様子。「まあ、座って。」とソファーに促される。二人は食事を終えて男の部屋に招かれた。「何か飲む?買ってくるよ。」と男はもものリクエストを買いに出かける。一人残された部屋で珍しそうに見回していると雑誌を見つける。おもむろに雑誌を開くと「へぇ~、こんなエッチな本読んでるんだ~」と内容に興味を持ってしまう。「こんなの読んでたら変な気分になってきちゃった・・・。」とおっぱいを揉み始める。さらにセーターをまくりおっぱいを露出すると雑誌のページをめくっていく。足を開いてパンティの上からオマンコを弄り出す。雑誌のエロい内容に興奮してしまいパンティの中に手を入れると直接オマンコを刺激していく。エッチな気持ちを止められなくなったももは自分の鞄からローターを取り出す。スイッチを入れ直接クリトリスを刺激すると激しい喘ぎ声を漏らし出す。「あ、あ、あ~~」パンティも脱ぎグリグリとオマンコを刺激し快感はさらに上昇していく。「あん、あん、あん~~~」顔を歪めながら快感を貪っていくもも。ローターをズブリとオマンコに挿入し激しくおっぱいを揉みしだいていく。オマンコから滑り落ちたローターを再びクリトリスに押し当てると「あ~、あ~、イク~~~!」と絶頂へ達してしまう。ももはオナニーに疲れ果ててそのまま余韻に浸っていると買い物を終えた男が帰ってきた。「どうしたの?そんな格好して!」男に大胆な姿を見られてしまったももはなんとごまかそうとするが・・・。初めて男の部屋を訪れた娘が大胆にもその場でオナニーして果ててしまう。そこを男に見られてしまい妄想が炸裂していく物語。妄想の中で娘は手マンチョでオマンコをグジョグジョにされズボズボと肉棒を突かれまくる。タプンタプンと巨乳を揺らしながら喘ぐ顔が何ともエロい。妄想エロ娘のエッチな肢体を存分にご堪能ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。