恥ずかしがってるけどエッチなこと好きだよね? 笠木忍

恥ずかしがってるけどエッチなこと好きだよね?

制服姿でソファーに座っている女子校生の笠木忍ちゃん。お硬い表情を見ると「ちょっと緊張してる」と確かに緊張している様子。マイクロミニのスカートに早速男が反応。ブラウスの上からおっぱいをまさぐっていく。「外しちゃおうかな~」ブラウスのボタンを外しブラジャーを露出。「ほら出た。あ~出た~。何ですかこれは~。おしゃれだね~」と可愛いブラジャーに興奮すると乳首を弄り出す。「Cカップです。」とサイズを聞かれ答える忍。何人もの男たちに揉まれまくったオッパイを揉みくちゃにしていく男。ブラジャーを外しおっぱいを丸出しにすると直接乳首に触れていく。男は忍の反応を愉しむかのように焦らしながら乳首をコリコリ。「みるみる堅くなってきたね。」忍の顔が堪らず歪み乳首を勃起させてしまう。「舐めて上げるね。」男は忍の乳首をレロレロと舐め始める。「あ~おいしいね~。」と忍も満足げな様子。足を開かせパンティの上からオマンコをチェック。マン筋を指でなぞりながら「こんな筋になっちゃって~。これ指入ってくよ~」と割れ目に指を滑らせながらズブリと指を突き刺す男。「これなに?」と感じてしまう忍に「・・・おまんこ」と淫語を言わせる男。「よくそんなエッチな言葉が言えるね~」と言葉責め。「あ~、もうこれ沁みがたっぷりだよ~」と愛液がパンティに沁みてしまう。「お客さんがきたよ。」すると忍のオマンコにローターが押し当てられる。「あ、あ、あ~」感じてしまう忍に「これ男なのおもちゃなんだけど知ってる?」と忍に聞くと「知ってる。・・・持ってる。」とおませな答えが帰ってくる。マン筋に沿ってローターを押し込んでいく男。「これ使っていいから、自分でオナニーしてごらん。」そのままローターを手渡され自ら気持ちいいところに押し当てていく忍。「週1回くらい・・・」と普段のオナニー事情を教えてくれる忍。「あ、あ、あ、あ~~」グリグリとオマンコにローターを押し当て快感を貪っていく忍。物足りないのかパンティを脱ぐと足を大きく開いて直接ローターをクリトリスに押し当てていく。「あ、あ、あ、イッちゃう、あ、あ、イク~、イク~~!」快感が一気に上昇しあっという間に絶頂へ達してしまう・・・。初な女子校生を言葉責めで羞恥プレイで気持ちよくさせる物語。エッチに興味津々のロリ娘を恥ずかしさの中で気持ちよくさせるのは何とも堪らない快感を覚える。ロリ好き、女子校生好き、羞恥プレイ好きにお薦めする作品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。