巨乳痴女に責められたい 南えり

巨乳痴女に責められたい

パックリとスリットが入った色っぽいドレス姿の南えりちゃん。太股が覗き何とも悩ましい。「どんあパンティ穿いてるの?」と男が聞くとスルリとスリットを広げてパンティを見せてくれる。「もっと足を広げて。」男がリクエストすると大きく足を広げてくれるえり。ストッキングの下にはレースの白いパンティが股間に食い込んでいる。「シミが付いてよ?」と指摘されると「気持ちいいから~」とこれからを妄想してすでに濡れちゃったという。「今日は、ここにいる男を責めちゃっていいですよ。」と横たわる男を紹介される。目隠しをされ拘束されている男はこれから何をされるのか知らない。「攻めちゃっていいの?」えりは嬉しそうに男に触れ始める。えりのフェザータッチに男はカラダをビクビクと震わせながら感じてしまう。「あ~、あ~、あ~くすぐったい~」えりの指は股間の膨らみに動く。「そこがいい~。そこが一番気持ちいい~」男が本気で感じていると「すごい~。ビンビン。」と股間がパンパンに膨れあがっている。えりは指先で股間を触りながら男の首筋をリップ責め。「あ~、あ~、あ~、すごい~。ゾクゾクする~。気持ちいい~」男は堪らず声を上げてしまう・・・。巨乳痴女がM男君をじっくりと攻めていく物語。攻められたいM男君には、こんな痴女に攻められたいと思うくらい堪らない内容。痴女好きにお薦めする作品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。