巨乳美人オーナーのエッチな面接 2 山口玲子

巨乳美人オーナーのエッチな面接 2

少し笑みを浮かべながら考え事をしているレストランオーナーの山口玲子さん。「あの~?」とこの日、お店のアルバイトとして面接にきた男に声をかけられる。「あ、ごめんなさい。ちょっと考え事をしちゃって・・・」と我に返る。「いつから働けるのかな?」「今日からでもできます。」男の積極的な言葉に「じゃあ、明日からお願いしますね。」と仕事内容を男に伝える玲子。「じゃあ、他のスタッフは休憩中なので紹介するわね。」とスタッフがいる休憩室へ。するとその部屋から何やら怪しい音が漏れてくる。玲子がそっとドアを開けながら「ほら、見て?うちのスタッフは休憩中いつもこんな感じなの。」と男に部屋の中を見せるとそこではスタッフが足を大きく開きバイブオナニーをしていた。言葉を失ってしまう男を見つめる玲子は「ねえ?私のオマンコもグチョグチョなの~」と自ら股間をまさぐりながら「私のオナニー見てくれる?」と男を誘うような妖しい視線を向ける。「えっ?!」ビックリしてさらに言葉を失ってしまう男に「オナニー見てくれる?ほら、来て~」と玲子は男の手を取り部屋に招き入れる・・・。美人レストランオーナーのエッチな妄想物語。現実にこんなレストランがあったら、そんな妄想が現実となってしまうような興奮の連続に思わず股間が膨れあがってしまう。オーナーとスタッフによるダブルオナニーからの4P雪崩れ込みで巨乳がゆっさゆさと弾みまくり。妄想好き、巨乳好きにお薦めする作品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。