爆乳ロリ娘と露出デート 麻生千尋

爆乳ロリ娘と露出デート

とある駅前にチェックのミニスカートにニーハイソックス姿で登場の麻生千尋ちゃん。「記念撮影しましょう。」と男に促されジップを下ろし出す千尋。するとボロリと巨乳があらわに。さらにミニスカもまくるとミニスカの下はなんとノーパン。あまりにも大胆な格好に男のテンションも上がる。「Gカップです~」というたわわな巨乳に興奮する男。千尋の後ろには行き交う人々が。あまりにも大胆すぎるので公園に移動する千尋。緑が豊かな公園を散策しながら再びおっぱいを露出させる千尋。ベンチに座ると改めて千尋の巨乳に興奮していく男。後ろから鷲掴みにしておっぱいを揉み揉み。公園でおっぱいを丸出しにすることに「ちょっとドキドキする。」という千尋。男は千尋の片足を持ち上げミニスカの奥を丸見えにしてしまう。ノーパンなのでオマンコが露出されてしまい恥ずかしそうな千尋。男は乳首をコリコリと刺激していく。ローターを取り出すと乳首に押し当てていく。「すぐに堅くなるんだね~」千尋の乳首がすぐに勃起してしまう。男は千尋の足を開かせローターをオマンコに押し当てていく。「こんなところ、見られたらどうしよう・・・」恥ずかしさとドキドキで興奮していく千尋。「あ、う」大きい声を出せない千尋は喘ぎ声を我慢する。人に見られてるかも?というドキドキの中、興奮した男のチンポをパクリと咥える千尋。しかし、二人の後ろに人影が迫ってくる・・・。大胆な露出プレイを愉しむ物語。ロリ系の巨乳娘が駅前で、公園で、階段で大胆露出。露出好き、巨乳好きにお薦めする作品。

Greatest Body Vol.3 グレイテストボディ 3 宮沢璃音

Greatest Body Vol.3 グレイテストボディ 3

「あの~、璃音のオナニー見てくれますか?」艶めかしい目でこちらを見つめる宮沢璃音ちゃん。すぐにスカートをたくし上げると足を開いてパンティの上からオマンコを弄り出す。「ここを触るとすぐ濡れちゃうんだ。」璃音の言葉に固唾を飲む男たち。「だんだん気持ちよくなってきた。」吐息を漏らしながらゆっくりと体を横たわらせる璃音。足をM字に開いてオマンコを弄り続ける。「璃音ね、男の人に見られるとすごく気持ちよくなるの。」そんな言葉にますます興奮していく男たち。「いっぱい見て。」中指がオマンコの割れ目に沿って動く。パンティの中に手を入れ直接オマンコを弄るとグチョグチョとエッチな音が漏れてくる。「あ~~」パンティを脱ぐとローターを取り出しスイッチを入れる。ブルブルと震えるローターをゆっくりとオマンコに押し当てていく。「は~~、あ~~」堪らず喘ぎ声が漏れる璃音。オマンコのビラビラを広げクリトリスにローターを押し当てていく。さらにズブリとローターをオマンコに挿入してしまう。ゆっくりと出し入れしながら快感を貪っていく璃音。「すごい気持ちよくなってきちゃった。」気持ちよさで声を震わせながら息づかいが荒くなっていく。「あ、あ、あ、あ、あは、は、は、あ~~~」腰をグリグリと動かしながら「璃音イッちゃう~、璃音イッちゃう~~~」と体を仰け反らせながら絶頂へ達してしまう・・・。見られ好きな美女が男の目の前で強烈オナニー、さらに3Pで乱れまくる物語。スケベ娘に男たちの肉棒もビンビンに漲り大興奮。エロ娘好き、淫乱好きにお薦めする作品。

美巨乳美女露出羞恥プレイ 2 つかもと友希

美巨乳美女露出羞恥プレイ 2

いい女系巨乳美人のつかもと友希ちゃん。とある駐車場でその巨乳を露出してくれる。ミニスカもたくし上げて黒いパンティの丸見えに。奥の道路には行き交う人々がひっきりなし。恥ずかしさを醸し出しながらも大胆に露出すると場所を移動する。とあるビルに移動した友希はここでもおっぱいを露出。ノーブラなので乳首がピンと勃っている。「いいねえ~、生の乳首は。」と乳首をコリコリと弄り出す男。さらに乳房をタプタプと揺らしたり揉んだりと友希のおっぱいを堪能する。内ももを触りながら「開いちゃいましょう。」と足を広げさせる。股間を弄りながら友希の反応を見ている男。「うわ~」グイッとパンティを食い込ませると友希の口から堪らず声が漏れる。男は友希を後ろ向きにするとお尻を丸出しに。「Tバックじゃないですか~」と綺麗なお尻に大興奮の男。お尻の割れ目からオマンコへと指を滑らせる男。ローターをオマンコに押し当てながら「ちょっとだけパンティ下ろしちゃおうかな?」と恥ずかしがる友希のパンティを下ろす男。お尻を撫でながらローターをオマンコに押し当てる。「お尻の穴見てもいいですか?」と男が友希のお尻パックリと広げてしまう。「キャ~~」と恥ずかしさが頂点に達した友希のアナルを舐め始めてしまう男。昼間の非常階段での露出羞恥プレイにドキドキが止まらない・・・。平○梨似の巨乳美人が恥ずかしさを乗り越え露出羞恥プレイをしてくれる物語。美人でおまけにナイスボディと言うことなしの美女が妖艶なヤラレ顔を魅せてくれる。美女好き、露出好き、巨乳好きにお薦めする作品。

レースクィーンをおもちゃ責め あゆ

レースクィーンをおもちゃ責め

ノースリーブにパンティが覗き見えるミニスカ姿でベッドに横たわるあゆちゃん。そこへ男がローターを唸らせて忍び寄っていく。ローターがあゆの体に触れるとゆっくりと乳首を攻めていく。「あ~」堪らず吐息を漏らしてしまうあゆ。男は服をまくるとブラジャーをずらし乳首を露出。直接ローターを乳首に触れさせる。息づかいが荒くなってしまうあゆ。男はミニスカをまくりローターを下半身へと滑らせる。ゆっくりとパンティを下ろすと太ももを抱えさせ直接オマンコへローターを押し当ててしまう。すると別の男がローターをオマンコに押し当てる。二つのローターが同時にオマンコを刺激しあゆの喘ぎ声が激しくなる。ローターがクリトリスを刺激しオマンコの奥がヒクヒクしてくるとともにあゆの喘ぎ声も激しくなっていく。「ん~~、ん~~~、ん~~~~」オマンコの奥からはヒクヒクしながら愛液が溢れ出てくる。男はローターを電動マッサージ器に代えると再びオマンコに押し当てていく。あゆのオマンコとアナルが同時にヒクヒクし、愛液が糸を引いて溢れてくる。「あ、あ、あ、あ、あ、あ、ダメ。あ、あ、あ、あ、あ~~~!!」快感が激しく襲い堪らず絶頂へ達してしまう・・・。グラビア系のナイスボディ美女をおもちゃでたっぷりと気持ちよくした後キャンギャルの衣装を着てコスプレしてくれる物語。ノーパンにストッキングとマニアには堪らないプレイにこちらも大興奮。美女好き、コスプレ好きにお薦めする作品。

熟母の覚悟 ~息子を溺愛する母~ 望月りさ

熟母の覚悟 ~息子を溺愛する母~

ソファーで雑誌を読んでいる息子。そこへ母親の望月りさが現れる。「そろそろ溜まってきたんじゃないの?お母さんがしてあげようか?」笑みを浮かべながら意味深なことをいうりさ。「大丈夫だよ。まだ平気だから。」とやんわりと断ろうとする息子。すると「どうして?妹に恵とヤッたから?セックスしたから?」とズバリと核心を突くりさ。「えっ!?お母さん、なんでそんなこと知ってるの?」誰にも知られていないと思っていた叔母との秘め事を知られてしまい動揺する息子。「いいのよ。誰にだって我慢できなくなることがあるわよね。」と息子を咎めないりさ。そして「お母さん覚悟した。獣になってあげる。」と息子のズボンを下ろし始める・・・。息子のために身も心も捧げようとする熟母の物語。官能小説のようなストーリーはマザコンには堪らない内容。妄想族の希望を叶えてくれる作品。

露天風呂お悩み相談 上杉佳代子

露天風呂お悩み相談

「失礼しま~す」と恥ずかしそうにおっぱいを隠しながら露天風呂に入ってくる上杉佳代子さん。タオル一枚で体を隠しただけで今にも見えちゃいそうな格好だ。「あ、熱い~」と温泉の温度が熱いながらもゆっくりと体を沈めていく。そこにはすでに男が温泉に入っていた。「初めまして~」とお互いい挨拶を交わすと「今日は、悩みがあるって聞いたんだけど、どうしたの?聞いてあげるよ。」と笑顔で話しかける佳代子。「実は・・・自分の親が好きなんですよ。」と告白する男。「ん?お母さん?お父さんじゃないよね?」と話を進める佳代子に頷く男。「お母さんが好きなんだ。お母さんっていくつ?」と聞くと45歳だという。お母さんっ子だったと言う男には兄が一人いるという。男の事情がだいたい飲み込めたところで「熱くなってきたから私が体を洗ってあげようか?」と洗い場へと男を促す佳代子。洗ってもらうのは初めてだという男。「じゃあ、首からね。」と男を立たせると自らも体を隠さずに男の体を洗い始める佳代子。初めての経験にあっという間にチンポを勃起させてしまう男。佳代子はシャンプーを洗い流すと「フェラしてあげようか?」とチンポを握ると素早く手コキし始める。その場にしゃがみ込むとパクリとチンポを咥え出す。「すごいビンビンになってきた。」男のチンポは佳代子の口の中でさらに興奮していった。裏筋も丁寧に舐めながらジュボジュボとピストンしていく。「あ~、気持ちいい~」思わず声が漏れ出してしまう男。「気持ちいい?だってすごいもん~」とビンビンに硬直した肉棒が男の気持ちよさを物語る。「最近はいつオナニーしたの?」手コキをしながら問いかけると「3日前です。」という男。「それはお母さんのことを思って?」と水を向けると「そうです。」と答える男。「そうか~、お母さんか~。」と再びパクリと咥えるとジュボジュボとピストンしていく。「すごいビンビンになってきた~」佳代子はスパートを掛けるようにピストンを速めていく。「どんどん気持ちよくなっていいよ。イッてもいいからね。」佳代子の強烈なピストンに「あ~イキそう、イキそう~。あ~気持ちいい~。あ~、あ~、あ~、イキそう、イク、イク。」佳代子の舌技に耐えかねて男が限界を訴えるとドピュドピュッとザーメンを発射してしまう・・・。美熟女による露天風呂お悩み相談物語。母親が好きという若者に疑似体験をさせるべく美熟女が体を使って諭していく。美熟女の優しさに股間をビンビンにさせまくりの男。優しい手ほどきで何度も気持ちよくさせてくれる。熟女好き、巨乳好き、M男君にお薦めの作品。

美巨乳娘と露出デート 藤井鈴佳

美巨乳娘と露出デート

とある駅に現れた藤井鈴佳ちゃん。「今日は何をするかわかっていますか?」男からそう聞かれ笑いながら「わかってます~」と答える鈴佳。すると早速「ちょっと開いて見て。」と鈴佳にコートを広げるよう指示する。恥ずかしそうにコートを広げるとたわわなおっぱいが丸出しに。コートの下はなんと全裸だった。その場を移動することになった鈴佳は商店街を歩いて行く。人目を気にしながらコートを広げる鈴佳。全裸にコートを羽織っただけという娘の裸身が丸見えになってしまう。とあるビルに入った鈴佳にコートを広げさせ、足を持ち上げたりとさらに過激になっていく。再び歩き出した鈴佳は、慣れてきたのか大胆に露出をするようになっていく。歩道橋にやってきた鈴佳に「あそこでオナニーをしましょうか。」と促す。その場にしゃがみ込んだ鈴佳は手渡されたローターでオマンコを弄り出す。大胆に足をM字に広げローターをオマンコに押し当てていく鈴佳。堪らず喘ぎ声を漏らしてしまう。人の気配を感じながらも顔を歪ませて感じてしまう鈴佳。しかし気持ちよくなってくると人の気配を感じ、その場から移動することに。人気のないビルに移動した鈴佳は大胆に裸身を丸出しにしながら男にオマンコを弄られる・・・。美巨乳美少女が大胆に露出プレイをする物語。度重なる危険が迫る中での過激な羞恥プレイに喘ぎ声も激しくなってしまう。ゲリラプレイが好きな方、露出好きにお薦めする作品。

Greatest Body Vol.3 グレイテストボディ 3 Part.2 宮沢璃音

Greatest Body Vol.3 グレイテストボディ 3 Part.2

とあるビルの階段を上がっていく宮沢璃音ちゃん。怪しさが漂うビルの階段の先には何があるのか?すると「璃音がフェラチオしてあげようか?」と視線の先にいる男に笑みを浮かべながら問いかける。踊り場で佇む男の前にしゃがみ込むと男の股間を弄り出す璃音。「気持ちいい?」男の股間は徐々に膨らみを帯びていく。「あっ、もう大きくなってきてる。」男の反応に笑みを浮かべながらさらに股間を弄っていく璃音。「璃音のおっぱいも触っていいよ。」と背中のジップを下ろすとスルリと服を肩から滑らせていく。男はすかさず璃音の腕を取り服を脱がせると、言われたとおりにおっぱいをまさぐっていく。後ろのホックを外しおっぱいを露出させると乳首をコリコリと刺激。璃音も男のズボンを一気に下ろしていく。するとビンビンに興奮したチンポがあらわに。チンポを握りシコシコと手コキすると「気持ちいい?」と男に問いかける。艶めかしい視線を男に向けながら「フェラチオしてあげようか?」とゆっくりとカリを舐め始める。パクリとカリを咥えるとゆっくりと口に含んでいく。チュパチュパとカリに刺激を与えながら気持ちよくしていく璃音。璃音の唇がカリに吸い付き手コキも加わり気持ちよさそうな男。璃音のフェラと手コキのスピードが速まると男の息づかいが荒くなり「あ~気持ちいい~」と思わず声が漏れてしまう。「あ~、イッてもいいの?お口に出していい?」男が我慢の限界を訴えると「いいよ、お口に出していいよ。」とカリを舐めながら手コキのピストンを速めていく。「あ~、気持ちいい~。あ~~。あ~、あ~、あ~イクよ。イクよ。出すよ。あ~、イク、イク、あ~~~!」と怒濤のようにザーメンを発射してしまう。璃音はそれをすべて搾り取るように扱いていく・・・。突如現れた美女がいきなりフェラチオと手コキでザーメンを搾り取ると夜の街に呼ばれていく。欲望を剥き出しにした男がエロ娘に欲望をぶつけていく物語。恋人風デートハメ撮りもありでたっぷりと抜いてくれる。失神寸前まで本気で感じまくりのエロ娘を存分にご堪能ください。

美巨乳美女露出羞恥プレイ 3 三月あん

美巨乳美女露出羞恥プレイ 3

公園を散歩している三月あんちゃん。服の上からでもわかる超巨乳だ。「これすごいですね~」男があんの巨乳に気づきシャツをまくるとなんとノーブラ。見事な巨乳があらわになってしまう。図らずも二つのおっぱいを野外で露出してしまったあん。男が乳首をコリコリと弄り「堅くなってる~」と乳首への刺激で勃起してしまった様子。「では、ヘアチェックします~」とミニスカをまくると下もなんとノーパン。陰毛が丸見えになってしまう。陰毛チェックしたあとは自転車置き場でおっぱい揉み揉みチェック。「直に触っちゃいましょう。」とシャツをまくるとプルンと丸出しになった巨乳を後ろから揉み揉み。感度のいいあんは堪らず喘ぎ声を漏らしてしまう。「もう、すごい濡れてきちゃってます。」と割れ目をチェックするとオマンコは濡れ濡れに。「興奮してきちゃってます。」とあんも気持ちよさを訴える。目がトロンとし始めたところで「指入れちゃっていい?」男がオマンコにズブリと指を挿入してしまう。グチョグチョとエッチな音をさせるあんのオマンコ。するとそこへ人の気配がして場所を移動することに。人気のないビルの屋上にやってきたあんは、男からのリクエストでチンポをしゃぶることに。パクリとチンポを咥えてゆっくりと舐め回すと忽ち勃起し始める。「あ~、気持ちいい~。」ジュボジュボとピストンすると「イッちゃっていい?あ~、イク、イク。」とあっという間にあんの口内にザーメンを発射してしまう・・・。巨乳美女の露出プレイ物語。爆乳娘と露出プレイを愉しみながら大胆にフェラ抜き、お返しにとばかりに指責めで娘をイカせる。ドキドキになりながらも快感で絶頂へ達してしまう娘の興奮度にこちらもビンビン。タプンタプンと巨乳を揺らしながら感じまくる様を存分にご堪能ください。

制服美少女羞恥責め 浜崎マユミ

制服美少女羞恥責め

「パンティ見せて欲しいんだ。」男のおねだりに「ちょっとね」と恥ずかしそうに答える浜崎マユミちゃん。セーラー服が眩く、制服のミニスカから覗き見える太ももが何ともエロい。ゆっくりと足を開くがスカートと手で隠してパンティが見えづらい。「もうちょっと見せて。」と男のリクエストに少し手をずらしてやっと白いパンティがお目見え。「そこに極太なのか極長なのかが入ってたんでしょ?」と白いパンティの奥に潜む秘部に入れられた肉棒を想起させる男。「わかんない~。言えません。」と恥ずかしそうにはにかむマユミ。ベッドに横たわったマユミに「オナニーを見せて欲しい。」とおねだりする男。「イヤだ。恥ずかしいもん。」と拒むマユミに「そこを何とか。」と食い下がる男。すると白いパンティに手をかけゆっくりと脱いでくれる。大喜びの男の眼前にマユミのオマンコがあらわに。オマンコを広げて指を滑らせるマユミ。しかし恥ずかしがり屋のマユミはなかなか気持ちが入らない。すると男はローターを取りだしてオマンコに当て始める。すぐに感じて声を漏らしてしまうマユミ。「あ~、あ~、イヤ~」感じている姿が恥ずかしいのにおもちゃの刺激で感じてしまうもどかしさに羞恥心でいっぱいになってしまうマユミ。男はさらにバイブをズブリと挿入してしまう。「ダメ、ダメ~」とバイブの刺激でさらに感じてしまうマユミ。「あ~、あ~、イヤ~、イッちゃう~~~!!」感度抜群のオマンコはあっという間にイカされてしまう・・・。制服美少女が羞恥プレイで何度もイカされてしまう物語。初めてのおもちゃ責めに絶叫しながらイカされ、肉棒をおいしそうにしゃぶる。感度抜群の女子校生のイキ具合を存分にご堪能ください。